【人気の横浜】評判の高い注文住宅工務店・ハウスメーカーをランキング形式で厳選紹介!

注文住宅メーカーと工務店の違い

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/08/03

横浜エリアにて住居を構える場合注文住宅メーカーと工務店では何が異なるのでしょうか。注文住宅メーカーではできることできないことを解説したうえで、工務店はできることとできないことに違いがあるのかを解説をしていきます。その上で住宅を建てる際の技術力についても違いがあるかを解説します。

注文住宅メーカーは規模が大きい

まず、注文住宅を扱う「ハウスメーカー」と呼ばれる企業は、工務店と比較した場合に大規模である点が異なります。テレビCMを流したり住宅展示場でキャンペーンを行ったりするいわゆる大企業で、全国的に拠点を構えて横浜以外のエリアでも住まいを作るのがハウスメーカーです。

ハウスメーカーは工務店と異なり、さまざまなエリアにて住まいを建てますが、建てる家はハウスメーカー独自の規格に基づいたものであることが一般的です。住宅展示場を訪れたことはなくても、外から見たり通りがかったりしてなんとなくハウスメーカーのイメージはわかるという方は多いでしょう。

一方で工務店は、建物の設計から組み立てまですべてを担うことが可能で、自由にカスタマイズできる点がハウスメーカーと異なります。工務店は資材・部品の大量生産を行わず、自由に住宅を設計できるため施主のこだわりや目的に沿った家造りが可能です。

ハウスメーカーでも企業によってはオーダーメイドに近いカスタマイズが可能なところや、工務店でも画一的な住宅を造るところもありますが、一般的な傾向としてこうした違いがあります。

工務店は地域に密着する職人集団

工務店は地域密着型で、地元のお客様を中心として注文住宅や新築住宅などを職人が作り上げる営業スタイルとなっています。高い技術力を持っているところが多く、オリジナリティのある建築を行ってくれます

しかし、規格化された建築ではなくさまざまな仕様変更が可能なぶん、住居設計の費用も高くなるもの。設計図を書いて住居の基盤を作るだけでもかなりお金がかかります。この問題については、すでにある既存の設計図とこれから一から設計図を作る場合とでは料金プランが異なるのは当然です。

ハウスメーカーのような注文住宅は、あらかじめ決められた設計図の中から住みたい住居を選ぶ手法上、仕様変更があまりできずカスタマイズ性が乏しいぶん、価格を抑えています。一方の工務店はというと、設計図自体を職人さんが一から作ることも可能で、内装なども職人が手掛けるため凝った内装を新築の家に施してもらうことができます。

注文住宅の場合は、費用を抑えることや工事の時間などを考慮しすべての工程を一挙に行うため、自由に内装の素材を変更できない分、価格で勝負しています。もちろん中には、ある程度柔軟性を持つハウスメーカーもありますが、工務店のように内装の電気配線に至るまですべてを自由にカスタマイズすることは難しいでしょう。

工務店はフットワークの軽さと信用問題が重要視される

ハウスメーカーはさまざまな場所にて活動をしているため、住居に問題が生じた場合、問題解決に至るまで時間を有してしまうことがあります。一方で工務店はというと、横浜エリアであればどのエリアでもすぐに駆けつけ、修理またはメンテナンス業務に応じてくれるなどフットワークが軽いのが特徴です。

逆に何かが起きてすぐに駆けつけることができないと信頼を失い、また問題が多すぎた場合も信頼を失ってしまいます。地域密着型の場合、お客様は地域住民です。そのため、常に緊張感をもって仕事に取り組む方が多くなっています。何か問題があった場合に即座に評判が下がってしまうのが工務店であるため、ビルダーという看板を守るために気を抜けないのです。

信用を失った場合、該当するエリアにて活動をすること自体が困難になり、拠点を移すなどの対策を余儀なくされます。また、拠点を移してもそのエリアを担当するライバル会社を押しのけ、ビルダーとして住民からの信頼を確立できるかという問題が生じてしまいます。

無事ビルダーとしての価値を認められた場合、以前のエリア外でも商売をして住居を建てることが可能ですが、該当するエリアにて住居を建てる仕事を認められなかった場合、再度拠点を移す必要があり、信用がなくなれば商売が立ち行かなくなるのが工務店の弱いポイントです。

 

注文住宅メーカーと工務店は市場規模が異なり注文住宅はさまざまな場所にて活動できるぶん、柔軟性の乏しく、自由にカスタマイズを施した住宅を作るのには向いていません。一方工務店はというと職人の集団で自由に住居をカスタマイズすることが可能で、職人の限界を超えない限り住居をカスタマイズし高い技術を利用し住居を作り上げます。

どちらもそれぞれよいところがあるため、ご自身の目的に沿ってより相性がよいと感じられる方を選びましょう。ネットからのみ情報を仕入れるのではなく、メーカーが主催する展示会に参加する、工務店に問い合わせてみるなどのアクションを起こしてみると、より具体的な姿が見えてくるはずです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧