【人気の横浜】評判の高い注文住宅工務店・ハウスメーカーをランキング形式で厳選紹介!

注文住宅で住宅ローンを組むときの基礎知識

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/08/03

横浜で注文住宅を建てる人の多くがアクセスのよさやどんな世代でも楽しめる場所があることをあげます。多くの人々が支持する横浜で注文住宅を建てるためには、資金計画をしっかり組むことが重要となります。住宅ローンを組む場合、土地取得から建物の完成に至るまで段階的にどの部分でいくらくらいかかるのかを把握しておく必要があります。

注文住宅を住宅ローンで利用する場合の留意点とは

横浜は首都圏でも東京へのアクセスがよく、港町であるため自然環境子育てによいというので人気となっています。横浜に住みたいという人は多いですが、気になるのは土地の価格です。横浜の土地価格の平均は坪あたり約80万円となっており、神奈川県での平均価格坪64万円と比べると高くなっています。

家を建てる場合、工事の始まる前から契約金や着手金などの工事関係に関わる仕組みを知っておく必要があります。まず、土地から購入して家を建てる場合は、土地取得にあたって一時金が必要です。土地を先行取得して家を建てる際には、見積書か概略の書面を用意し、施工業者を決めておかなければなりません。

住宅ローンは家が完成してからでないとスタートできないため、ある程度のお金を用意する必要があります。工事請負契約には建設代金のでき高払いに関する取り決めがあり、着手金で30%・中間金で30%といった資金が必要です。

「つなぎ融資」を受けるのであれば、別途金利負担が発生します。建築後に返済することになりますが、住宅ローンで分割して返済できます。ハウスメーカーによっては自社でつなぎ融資を提供しているところもあります。資金計画は重要であり、建設途中など融資が実行される前にどれくらい資金がかかるのかを確認しておく必要があります。

注文住宅における住宅ローンの流れと資金計画

横浜において住宅ローンで注文住宅を建てる場合に、あらかじめ資金計画を立てお金を手配することが必要です。土地を購入して家を建てる場合には、土地の購入に関わる住宅ローンが組めるかを確認しましょう。

土地取得には、契約前に着手金や購入後の地盤調査が必要かなど諸費用も見込んでおかなければなりません。土地が確保できると家の設計段階の打ち合わせに入るとともに、完成までに段階的に用意すべき資金を把握する必要があります。

住宅ローンは完成した後で実行されるので、各種住宅ローンでの資金計画を事前に把握しておく必要があるのです。頭金はできるだけ多いほうがよいといいますが、可能であれば住宅ローンで必要な資金が確保できるように建設段階でかかる費用を業者に提示させて用意するか、「つなぎ融資」の相談をしておくことが注文住宅を建設する上で忘れてはならないポイントとなります。

思わぬ出費や計画の変更が起きるのが注文住宅で、あらかじめ対応がとれるように準備しておかなければなりません。建売住宅と違って、支払い総額をあらかじめ把握するのが難しいことが特徴になります。住宅ローンを組む場合も、建設段階の費用見積もりを出して住宅ローンに含められるのかを検討することも必要です。

注文住宅の建設費用に関わる資金計画が重要

家を建てようと思ったらまず考えるのがお金のことで、家が建つまでに用意する資金の計画を立てることが重要です。注文住宅のメリットは、家族を含めた自分らしい家づくりができる点にあります。

家造りに要する費用は全体の70%が本体にかかわる費用、付帯費用がマックスで20%といわれています。計画的に費用負担がどれくらいかかるかを把握しておかないと、追加費用の発生にもつながります。返済計画にも影響するので、建物の請負契約を締結するにあたってかかる経費がいくらくらいになるのかを把握しておく必要があります。

完成後に融資される金額で負担する部分と、その他経費負担の内訳を知っておくことが重要です。これを怠ると思わぬ経費が必要になることで、返済計画にも狂いが生じてしまうことになってしまいます。

注文住宅を建てる場合は、建設費用はどこまで住宅ローンでまかなうことができ、建設期間にどのような出費が必要なのかを把握しておきましょう。建設請負契約を結ぶ際には資金のかかる内訳を明示してもらい、いつまでにいくら必要かをクリアにしておくことが大切です。

住宅ローンは完成して建物の登記ができるようにならなければ実行されないので、それまでに負担する費用をまとめておき資金を考える必要があるのです。

 

横浜で注文住宅を建てたいのなら、環境のよい理想の場所を選ぶとともに完成までの資金計画を事前に立てることが必要です。住宅ローンは、完成後の実行となりますから建設途中に必要な資金をどう用意するかを考えておく必要があるからです。何をするにも先立つものがなければ動き出すことができません。

家を建てる際に必要な資金は住宅の広さや設備のグレードなどさまざまな要素によって異なります。そのため、ハウスメーカーや工務店の担当者とよく話し合い、内訳やコストダウンの方法などを教えてもらうようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧