【人気の横浜】評判の高い注文住宅工務店・ハウスメーカーをランキング形式で厳選紹介!

おしゃれな注文住宅を建てるときのアイデア

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/08/25

横浜の市街地などで注文住宅を建てる際には、個性的なおしゃれな注文住宅がほしいものです。「こんなおしゃれな家に住めたらよいな」と憧れを持ってきた人もいると思います。しかしいざ自分で建てるとなった時、色んなデザインがありすぎて迷います。その場合にはしっかりとしたビジョンを持つ事が大切です。その助けとなる情報をご紹介します。

まずどのような住宅が欲しいかを考える

住宅にはシンプルな配色の住宅や平屋風の住宅、おしゃれなレンガ造り風の住宅など色んなデザインがあります。デザインはさまざまですが、重要なのは建てる人の理想です。横浜での生活や風合いに合わせた理想を考え、それを形にしていきましょう。

まずは広いリビングが欲しい、広い窓がよいなど、さまざまなマイホームに対する理想を家族の方と話し合いながら書き出します。その書き出した家族のさまざまな「理想」を元に、どのような住宅デザインを選ぶのかを各建築会社のカタログなどを見ながら考えていきます。そこでは、理想にいかにマッチングしているかを機能的に比較検討すると選ぶのも楽になるでしょう。

なお、選ぶ段階では「アレがあるけどコレがない」、理想に対して惜しいといった事も生じる恐れがあります。そういった時にはその注文住宅を販売する横浜などの建築会社に相談してみるとよいでしょう。設計的に可能であるならば、要望をデザインに反映できるかもしれません。

モデルルームに行ってみる事も重要で、カタログ上での理想に近い注文住宅が実際にどうなのかをチェックします。リビングの広さや形状、キッチンの様式、風呂場の快適さなど、理想と合っているのかをしっかりと見て回ります。マークシート的なものを用意しておくとその後の検討でも役に立つでしょう。足りない部分がある時は、その場で担当者に質問をしてみることをおすすめします。

理想と現実を考えつつ土地を選ぶ

横浜などにある住宅街でマイホームを検討しつつさまざまな一戸建てを眺めていると、カタログで見たさまざまな住宅よりも平均的にどこか劣化して見えることがあります。これは土地の形状や建ぺい率、場所などが関係しています。

カタログに載っている住宅の外観は「ベストな土地に建った場合」です。しかし、住宅を建てる際はベストな土地が用意できるとは限りません。たとえば、よい土地があっても地価が高いなどで予算的に困難な事などもあるでしょう。

予算的に可能な土地がベストな土地ではない場合、住宅が完成後にどのような形状になるのかを担当者とよく相談しておく必要があります。可能ならば、同じような土地に建った写真を見せてもらうことも有効となるでしょう。

また、土地の形状部分をクリアしても、今度は「場所」が問題になることもあります。住宅展示場では窓の並んでいる開放的で広々としたベランダのあるモデルルームがよく見られます。広々とした窓のあるベランダは開放的なのですが、場所によっては通行人から丸見えになってしまう場合があるため、ただ部屋で寛いでいるだけでも目立ってしまうことがあります。

これを防ぐために塀を作る必要がありますが、それだと窓から見える景色が台無しになってしまいます。そのため、家を建てる際には家の形状に合う「場所」も考慮しながら、土地探しを行わなければなりません。

住んだ後の未来を見据えて考える

結婚せずにずっと一人で住む予定のマイホームならばさほど考慮する必要がありません。しかし、家族と住み続けるマイホームの場合はそうではありません。しっかりと未来を考えて家の間取りなどを考える必要があります。ここで失敗すると最悪、住んでわずか数年程度で移り住むということになる可能性も有り得ます。

新築ならば高く売れるため、変化する生活に対応できない場合は早く売って立て直す、ということにも比較的なりやすいでしょう。変化の例としては、家族計画的には当初子どもを1人育てる予定であった場合、その後に経済的に余裕ができて二人を育てることにした時には部屋が足りなくなってしまいます。

また、子どもが成長して新しくクルマを購入した場合、自身の一台だけを考慮していた場合には置く場所が確保できません。それゆえに、家の設計の際には先に起こり得る変化の可能性をしっかりと考慮しておかなければなりません。

変化を考える際、その対応に有効なのが「転用可能な別目的の部屋」を作っておくことでしょう、たとえば物置や書斎、就寝専用の部屋としての寝室、客室などがそれにあたります。こうした部屋があれば不意に予定外の変化があった場合にも、それらの部屋を転用することで対応が可能です。

ただし、無理をしていらない部屋を作るのは快適面などで問題となるので、あくまでも必要の範囲内で作るようにしましょう。

 

マイホームを建てるという事は人生においては一大イベントです。そこで判断ミスをしてしまうと後々取り返しがつきません。そういった困った事態にならないように、しっかりとさまざまな方向から家を考え、計画的に建てるようにしましょう。そうすれば自身や家族にとって末永く住める、快適なマイホームを手に入れることができるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧