【人気の横浜】評判の高い注文住宅工務店・ハウスメーカーをランキング形式で厳選紹介!

注文住宅はライフスタイルにこだわりがある人におすすめ!

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/08/03

憧れのマイホームを手に入れるなら、限りなく理想に近い家に住みたいものです。その願いを叶えてくれるのが注文住宅であり、家族のライフスタイルに応じた設計をできます。ここでは横浜で注文住宅を建てられている方々の経験を参考にしながら、注文住宅を手に入れて得られたよさについて詳しく見ていきます。

注文住宅と建売住宅の違いについて

そもそも注文住宅と建売住宅の違いは何なのか、これに焦点を合わせて2つの違いを見ていきます。注文住宅の場合は決められた設計図は用意されておらず、間取り・エクステリア・外観まで1から購入希望者が自由にデザインすることが可能です。

たとえば「3階建ての家で2世帯住宅にしたいが、互いのプライバシーを尊重したい」という場合は、玄関を2つ設けて出入り口は別々にします。風呂やトイレもそれぞれの家庭用に備えて、3階部分だけ共用スペースにするという住居を注文住宅であれば設計することが可能です。ライフスタイルに応じた住居であり、この形で最初から建売販売をなされることはまずありません。

では建売住宅とはどのようなものかというと、一般的な家庭向けの家で誰が住んでも当たり障りのないものといえます。玄関は1つでキッチンの前にリビング、夫婦や子ども部屋に使える4畳半程度の個室を2つ程度備えているものがそれに当たります。

生活をするというだけのスペースであれば何ら問題はありませんが、もしもお子さんが4人以上いた場合、この間取りでは若干不便さが目立ちます。こういう時はリビング部分を縮小して子ども部屋を設けるのがよいですが、建売の場合はその姿で販売をするのが基本なので、購入後にさらにリフォームをしなくてはいけません。

ライフスタイルに柔軟に対応できないのが建売住宅であり、自由度を追及できるのが注文住宅と区分できます。

収納スペースをあらかじめ確保することが可能!

横浜では2000年以降、都心部・郊外共に大規模なニュータウンが相次いで建設されています。これにともなって注文住宅施工でマイホームを手に入れられている方々が多く、インターネットで「横浜・注文住宅」と検索すると数多くの口コミを目にできます。これらの口コミを見てみると、「収納場所をたくさん備えられた」「家具を買わなくてもよい」「ミニマムな暮らしを送れている」という高評価を得ていることがうかがえました。

一昔前であれば、新居を購入すると同時に家具も新調するのが一般的でした。しかし、家具は住居内に備えるとそれだけスペースを使ってしまうので、せっかく手に入れたマイホームの住居空間を大幅に消費してしまいます。ところが注文住宅だと設計段階で壁や階段下など家族が希望する場所に備え付けクローゼットを設置できるので、家具を購入する手間を省けるというよさがあります。

いわゆる「デッドスペース」の有効活用が可能というわけで、住居内に余計な収納家具を備える必要はありません。物をなるべく増やしたくないというライフスタイルの方にとっては、シンプルで常に片付いた室内を実現でき、いつまでもスッキリとした住居で暮らせることでしょう。

この点をメリットとして挙げている方は男女問わず幅広い年齢で多く、これが注文スタイルの住居の大きなメリットといえます。

長い間快適に暮らせる住居設計が可能

新居を購入した際は夫婦二人だけであっても年月が経過すること子どもが生まれ、さらにご高齢の両親と同居をするというご家庭も多くあります。当初は今現在の住居空間で満足されていても、次第に不都合に思える箇所が生れるものです。

たとえば子ども部屋がなくてどこに設ければいいのか、バルコニーに出るための段差が高すぎる・玄関の敷居で足がつまずくといった不都合な箇所は建売住宅では数多くあります。この問題を打開できるのが注文住宅で、設計段階で今後の人生を見据えながら間取りの不都合な箇所をなくし、末永く快適に暮らせる住居作りが可能です。

横浜で注文スタイルの住居を建設された方の設計プランを参考にすると、お子さんは2人を希望されていて将来は親と同居するという人生設計を立てられていました。さらに仕事はテレワークなため、仕事ができる個室も完備したいという要望を忠実に設計図に入れられています。

人のライフスタイルとはずっと同じということはなく、世代によっても大きく異なってくるのが特徴です。この方の場合は人生の先を見据えた計画を住宅設計に組み込んでいて、既存の建売住宅よりも柔軟にライフスタイルに合わせた住まい作りをなされたといえます。

大きな買い物である新築住宅を購入するなら、長い期間快適に暮らせる環境を整えるのが望ましく、ライフスタイルにこだわりがある方ほど注文住宅にするのがよいでしょう。

 

ライフスタイルとは十人十色です。平均的な間取りの建売住宅では住まう方のライフスタイルにマッチした住居環境を手に入れられにくいですが、注文住宅であれば細かい要望にも対応でき末永く快適な環境を住居内に設けることが可能です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧