【人気の横浜】評判の高い注文住宅工務店・ハウスメーカーをランキング形式で厳選紹介!

注文住宅と建売住宅の特徴の違いと選び方

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/08/25

横浜で一戸建て住宅のマイホームを購入することを決定したら、注文住宅と建売住宅の二つの選択肢が用意されています。どちらを選べば入居後に後悔しないで、末永く生活の本拠を置くことができるのか、容易には回答の出ない課題です。どちらのマイホームのスタイルが最適なのか、それぞれの違いや特徴を踏まえて検討してみましょう。

注文住宅と建売住宅の違いについて

横浜で新築一戸建て住宅の建築を決めたら、次は注文住宅にするか建売住宅にするかを決める必要があります。末永く生活の本拠を置く家なので、後悔することがないように慎重に検討するのがポイントです。

建売住宅では既に新居が完成済みで後は入居を待つだけのタイプと、未完成で設計プランだけが確定していてこれから建築に着手するタイプの2種類があります。とはいっても未完成でも既に建築確認は申請しているので設計図通りの施行になり、完成済みとは入居までの時間程度の違いに過ぎない側面があります。

これに対して注文住宅は施主のほうから建築家やデザイナーに設計を依頼して、施主も積極的に関与しながら家づくりを進めていくことになるのが基本です。注文住宅は文字通りに予算が許す限りで、自分の希望の間取りや設備などを、図面に反映させることができます。理想の家づくりという意味では、最も合理的な選択ともいえます。

しかしオーダーメイドの色合いが濃厚になるほど、設計やデザイン費用、設備費用などが雪だるま式に増えることになります。そこで最近では注文住宅でも、いくつかの標準プランが用意されていて、そこから選択といった方法で販売されるようになりました。

そのため両者の違いは次第に曖昧になりつつありますが、間取りや設備などの自由度や予算の相場などに着目すると比較的はっきりした違いを見て取ることができます。

プランや実物を見て判断できる建売住宅

横浜で一戸建て住宅を建売で購入する場合に、どのようなマイホームを手に入れることができるのか、より具体的にイメージしてみましょう。そもそも建売住宅の顕著な特徴は、間取りや収納、各種の設備などは既に決定済みなので、完成後のマイホームをイメージしやすいという点が挙げられます。

モデルハウスや住宅展示場では、既に完成済みの状態を目にすることも可能です。そのため、モデルハウスなどの完成済みの物件を訪問すれば、設計図面だけではなかなかイメージを持ちにくい生活動線や家具の配置、クローゼットのボリュームなど、入居後に問題になる点も全身で実感できます。

そして一定の区画にまとまって標準仕様の住宅を建築するので、まとめて購入者を募集していることが多く、物件を見つけやすいという特徴もあります。専門のポータルサイトや各社のホームページでも売りに出されている物件情報の数々を目にできるはずです。

予算面では価格や坪単価に関心がいくところですが、ある程度の平均的な間取りや設備などは標準化モデルが設定されていて、資材や設備などもまとめて一括購入するので、ある程度の価格帯に落ち着くことが多いようです。注文住宅と比較すれば相場は安く、土地と建物を一体として購入することになるので住宅ローンを組んでも審査を通過しやすいというメリットがあるのは確かです。

間取りや設備の自由度が高い注文住宅

横浜で新築一戸建て住宅のマイホームを手に入れるには、注文住宅を建築するという方法もあります。このタイプである新築一戸建て住宅のメリットは間取りを始め、水回りや、内装、生活動線、外壁といった設備や、その素材などの選択について自由度が大きく、マイホームの理想形を盛り込むことができる点です。

さまざまなライフスタイルがある中で、それぞれの価値観やこだわりを建築家やデザイナーと共に作り上げていくのは建売住宅にはない醍醐味といえます。また実際の建築現場に足を運んで工事の進捗状況を確認しながら工事を見守ることができるというのも安心感につながります。

ただし自前で土地を確保できないと、土地探しから着手する必要があることや、専門知識が無い中で設計などを決断したりする手間があることも事実ですが、希望通りのマイホームの家づくりに積極的に関与できるのはむしろメリットと考える方も少なくないようです。

最近ではパソコンにデータを取り込むと立体画像で可視化するシステムなども実用化されていることから、設計図だけでは具体的なイメージを持ちにくいというデメリットも相当改善され、完成後のイメージギャップに苦しむことは少なくなっています。

高価格になるイメージがありますが、設計段階で予算を明確に提示することで、予算の枠内での設計プランの提示を受けることが可能になっています。

 

横浜で新築一戸建て住宅を建築するなら、建売住宅と注文住宅のいずれかの選択肢があります。それぞれの住宅には特徴があり、一長一短があるのでどちらがベターであるかは簡単には結論がでる話ではないようです。予算や理想のマイホームの条件などをふまえながら、どちらを選ぶのか慎重に判断する姿勢が望まれます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧